性奴隷になりたいという女の子と順調にメッセージのやりとりが続けられていましたから、自分の脳内はセックス一色でした。
イラマチオさせたり電マでオマンコ責めたり、緊縛したりスパンキングだって楽しめるかもしれない、鼻フックつけて剃毛してアナルセックスまでと妄想が膨らみまくり、メール相手の女の子にもその話をしていきました。
陵辱されてみたいと言ってくれましたから、自分の希望プレイは確実に彼女の肉体でやっていけると思い、ワクワク感は激しくなっていました。
相手がノリノリだったから、すぐ待ち合わせしようと話し掛けていくのですが、そこはやはり女の子の微妙な心理があり「気持ちの整理が付くまではもう少し待ってください」と言われました。
少し時間が経過すれば、その肉体を自分のオモチャにすることができるのだからと、納得してやりとり継続になりました。
ところが早めの待ち合わせを期待していたのですが、メッセージ交換だけがずるずると続けられていきました。
気が付いたら1カ月経過していてビックリ、しかも使った金額が3万円を超えてしまっていたのです。
この段階になって、おかしいぞと思うようになりました。
相手はノリノリで会いたいと言うのに、待ち合わせにはなりません。
そこで閃いたのがサイトの評判を調べることでした。
口コミなどをチェックしてみることにしたのですが、有名なサクラサイトであると書かれていたのでした。
思わせぶりのメールがすぐやってくる、しかし相手はサクラだから確実に出会えないと書かれていました。
メールの相手も女の子ではなく、男の可能性もかなり高いようでした。
こんな相手に夢中になってやりとりして、大きな損失を出してしまいました。
使ったアプリは失敗だったけど、肉便器探しを諦めるわけにはいきません。
性処理をタップリしたい自分は、出会いが見つかる方法をさらに検索で調べることにしました。